FC2ブログ

記事一覧

EOLR リンク集

皆さまごきげんよう。長きにわたったEOLRの旅は遂に終幕を迎えました。といっても私自身もまだ完全にマスターしたわけではないのでここから二周目の旅が始まるわけですが。EOLRの記事をいちいち探しに行くのは面倒なので今まで書いてきたEOLRの関連記事のリンクをここに置いておくとします。EOLR入門(Arrowと0/2のEOLRもここ)Misoriented center解説(EOLRをやる上で習得必須の技術です)EOLR 2o/0EOLR 1/1EOLR 4/0EOLR 2o/2EOLR 2a/...

続きを読む

Megaminx BLDへのいざない

本記事は、Speedcubing Advent Calendar 2020 の第22日目の記事です。昨日はSystemaさんの「Icosaixの解法」でした。明日はkazuさんの「7×7×7 L2Cについて」です。キューブの世界は、しばしば登山にたとえられます。タイムを縮めることが山道を登るという行為に対応し、CFOPなどの解法は山道そのものです。これはあくまで私の考えですが、公式記録とはその山道をここまで登ってきたんだぞと「旗を立てる」ことではないかと思います...

続きを読む

戦いの記憶・FMCアドカレ2020

本記事は、FMC Advent Calendar 2020の第6日目の記事です。昨日はうえしゅうさんの試技でした。明日はにこたまさんの試技です。こんにちは。タニシという者です。FMCはあまりやっていませんが、せっかく年一度のFMC祭りであるということで参加させていただきました。ちなみに3×3ではRoux methodという解法を嗜んでおります。残念ながら、今回の試技でそれを活かすことはできませんでしたが…。さて、それでは早速本題に入っていき...

続きを読む

EOLR実戦 (4/2編)

EOLR実戦も遂に最終回となりました。先にネタバレしておきます。本記事は、「EOLR入門」の続編ではありますが当該記事の内容を理解していなくても読み進められます。EOLRは、基本的には手順を暗記するようなものではありませんが本記事で扱うEOの4/2だけは例外であるためです。最後は4/2について見ていきます。4/2は、LSEで処理するすべてのエッジがBad Edgeである場合です。反転しているエッジが6つあるため、6-flipという名前も...

続きを読む

EOLR実戦 (2a/2編)

長かったEOLRの旅もついに終盤に差し掛かりました。長かった理由の一つとしては、自分が怠けていたというのもありますが。本記事は、「EOLR入門」の続編です。冒頭でいつも喧しく言ってたこの言葉もあと少ししか書けないのかと思うとどこか寂しいような気もします。今回見ていくのは、2a/2です。2a/2は、U面の隣接したふたつのエッジとD面のふたつのエッジがBad Edgeである場合です。2a/2には、7つのパターンがあります。1.Best ca...

続きを読む